電子技法栽培による野菜

  • TOP
  • 電子技法栽培による野菜

電子技法栽培とは

農法に炭(備長炭)を取り入れることで、炭素、水、空気を活用し土と作物を健康にして光合成の働きを高める栽培法です。化学肥料や農薬を使用しなくても栄養価の高い農産物が育つことが解っています。またそれらの農作物は糖度やビタミンC抗酸化力も高まるといわれています。
当店 Ruota(ルオータ)では安心、安全かつ食べる方の健康につながる野菜を提供していきます。

電子技法栽培とは

電子がもたらす効果

みなさんが着目するのは、もちろん人体に対してどのような効果があるかですが、残念ながら科学的にはまだ仮説の域を出ていません。
しかし、医学的にも人体の免疫効果を高める効果があることは認められつつあり、実際治療に電子水(電子を付加した物)を毎日飲ませている病院があります。

効果としては、電子を呼吸や食物と一緒に体に取り込むと、血液中に吸収され全身を駆け巡ります。乳酸が溜まることで起こる肩凝りは、電子によって乳酸が分解されて無害な物質に変化ことで軽減されます。
また、人の免疫力を司るリンパ球を活性化させ、免疫細胞のNK細胞の攻撃力を向上させる働きもあります。
また殺菌作用については、空気中の細菌は電気的にプラスに傾いているため、マイナスの電気を持つ電子と結合しやすく、結合後には感電死してしまいます。

マイナスイオンがもたらす効果

電子技法の商品

電子技法の商品には以下のような商品があります。
・小松菜
・赤水菜
・ほうれん草などの葉野菜

・長いも ・大豆 ・お米などの根菜、穀物

・みかん ・りんご ・レモンなどの果物

 

電子技法の商品